収益物件の購入をするのなら利回りがよい物件を選ぶとよい

男の人

自分に合った利回り

模型と女性

本業を持つ方の利回り

収益物件を購入する際に、最も気になるのが利回りです。誰もが少しでも高い利回りを求めており、利回りに関心のない方はいらっしゃらないでしょう。では、一体どのくらいの利回りがあればいいのでしょうか。結論から言うと、求める利回りは人によって異なります。なぜなら高い利回りを得るためには、ある程度の知識や経験が必要なほか、収益物件の管理に手間と時間をかける必要があります。収益物件を購入する方のほとんどが、本業を別に持っています。収益物件の管理に多くの時間を割くことはできず、あくまで副業とし不動産投資を行われる方が多いでしょう。本業を別に持っている方は、年7%前後の利回りを求めるようにしましょう。年7%の利回りでも、確実に老後資金を蓄えることができます。

利回りを高める注意点

不動産投資を本業としている方は、年7%以上の利回りを求めるようにしましょう。収益物件を厳選することで、年20%の利回りを得ることも可能です。株式投資と変わらない利回りを得られるため、不動産投資だけで十分暮らすことができます。高い利回りを求める方は、2つのことに注意をする必要があります。1つ目の注意点が、賃貸経営だけではなく、リフォームやリノベーションなどの勉強をすることです。最新のリフォームやリノベーションの情報を常に把握することで、入居率と家賃を高める修繕を行うことができます。特に中古の収益物件を購入する方は、必ず勉強するようにしましょう。2つ目の注意点が、用途転用を検討することです。用途転用をすることで、需要がまったくなかった収益物件から多くの収益を得られるようになります。用途転用は時代のニーズに沿っていなければ成功しないため、幅広く情報を求めることが重要です。一般的な方に部屋を貸すだけでは得られなかった利益を、時代のニーズを先どった用途転用は可能にします。

金融コストが減ります

外観

低金利によって、企業業績にも少なからず影響が出てくると予想されています。特に有利子負債の多い企業は金融コストの負担軽減により業績が上向く可能性があります。収益物件を多数保有している上場不動産投資信託にも注目してみると良いです。

詳細

不動産の動きを観察しよう

コイン

マイナス金利の導入により、中古ワンルームマンション等の収益物件で不動産投資を始める人が増えてくると予想されています。すでに収益物件を保有している人は売却することを急がずにしばらく様子をみているとよいです。

詳細

物件選びが成功の秘訣

マンション

不動産投資においてユーザ目線で物件を購入することは非常に大事なことです。収益物件の要素は内装や雰囲気などもありますが、いかにインターネット上の不動産探しにおいて検索されるかが大事になるのです。そのためユーザー目線が第一優先なのです。

詳細